葬儀の変化

近年、都市部を中心として葬儀のあり方が変わってきているのをご存知ですか?
その地域によっても葬儀の形は変わるもので、特に大都市と地方とでは大きな差が生まれることも少なくありません。
現在の都市部では、一体どのような変化が訪れているのでしょうか。

現在、都市部で一般的に利用されている葬儀形式は家族葬です。
従来の葬儀形式では、近所人たちと助け合いながら葬儀の準備を行っていました。
そのため、地域の公民館や自宅を使用することが多く、むしろ会場の問題があるからこそ手伝ってもらっていたとも言えます。
しかし、現在の東京などの都市部で考えてみると、そういった近所づきあいは年々薄れていっていて、自宅はマンションであることが多いです。
そういったことから、東京などの都市部では家族葬が主流になっています。

東京などの都市部を例に出してはいますが、家族葬が主流になるという流れは全国的に広まりつつあります。
もちろん東京などでも参列者が多い場合では一般葬儀を行うことはありますが、葬儀の考え方そのものが変わってきているということもできます。
葬儀の規模そのものよりも、合理的かつ故人を弔うという葬儀の本質を重視している傾向にあるのです。
そういった部分に目を向けてみれば、家族葬が注目されているのも納得できることですね。

情報サイトへ

家族葬の事なら東京で一番対応が良い業者がありますよ「小さなお葬式」